七釜の地名の由来は大きくは「塩釜説」と「古墳説」があります。
塩釜説は、昔、入り江になっていたこの地の海岸で塩をたいた釜が七つあったことによります。
一方、古墳説は点々と存在する墳墓が釜のように見えたからとも言われています。
また、水の湧く所をカマ(釜)とかツボ(壺)と呼ぶところから温泉の湧出によりのカマの連想が働いたと考える湧水地説もあります。
どの説にしても、吉数の「七」を取り入れたところに、先人達の思いの程が伺えます。




七釜温泉ぶらり絵図パンフレット(PDF)